便秘薬は使い方が重要なのはなぜ?

便秘薬は、薬の一種であり、便秘などで体調を崩したり、お腹が張ってしまっているときに使用されてきました。

 

腸を刺激するタイプのものや、水分を与えるタイプまで数種類ありますが、どのタイプも使用しすぎは良くないとされています。

 

なぜなら便秘薬は、効果の強すぎるもの、体調を崩すもの、効き目の低下や依存副作用があるものが多いからです。

 

その為、体調を崩すほどの便秘の時以外はあまり使用しないよう、最近では、ヨーグルト等の摂取が話題となっているほどです。

 

しかし、便秘薬にも使い方次第で、今の便秘体質を一新することができる効果があるのをご存知でしょうか?

 

それは、今現在内臓に溜まってしまっている便を一度便秘薬で出し切ってしまい、新たに食生活を改善するというものです。
一度でも食事改善を行ったことのある方は、経験があると思いますが、最初のうちは今まである便であまり効果が変わらないという事です。

 

便秘ですでに日数が経過している状態で、固めの便があるとなかなかスムーズに便が動かず、結局固い便を出す頃には同じような状態になっています。

 

 

そのため、一度便秘薬を使用し、腸の中へヨーグルト等の乳酸菌を行き渡らせることで、腸内環境を改善するのが狙いです。

 

特に、直腸付近の便秘の方にはどんなに良いものをとっても、前にあるものが直腸付近で頑固なために、変化が少ないのです。

 

 

 

 

便秘薬は、強いものから弱いものまでさまざまなものがあり、使用する場合はしっかりと内容を確認する必要があります。しかし、しっかりと使い方を守れば、今の状態を劇的に変化させます。

 

食事療法でもあまり変化がない場合は、この方法で一度腸内をリセットし、腸の環境を整えてみてはいかがでしょうか。