便秘薬にはどんな種類が?

下剤には大きく2種類、

 

腸を直接刺激する 『刺激性下剤』

 

便のかさを増したり、やわらかくする 『機能性下剤』があります。

 

刺激性下剤は、さらに2種類、機能性下剤は、4種類のタイプが存在します。

 

 

便秘薬の種類

 

刺激性下剤

 

・大腸刺激性下剤 

 

大腸に刺激を与え、強制的にぜん動運動を活発にし排便を促しますが、長期間の使用を続けると腸に耐性がつき、効かなくなります。また、腸機能低下を招きます。

 

 

・小腸刺激性下剤

 

小腸に刺激を与え、オリーブオイルのような働きがあり、副作用が少ないです。

 

 

機能性下剤

 

・塩類下剤

 

便の水分の吸収を抑え、便がやわらかい状態で排便できるようにする効果がありますが、腎臓に障害がある人は使用に注意が必要です。

 

 

・糖類下剤

 

胃や腸で吸収されにくい糖類を使用し、腸内の水分を増やし排便を促す効果があり、特に子供にオススメです。

 

 

・膨張性下剤

 

寒天やふすまを含み、水分で便を柔らかく排便を助ける効果がありますが、副作用としてお腹が張ることがあります。

 

 

・浸潤性下剤

 

便に下剤の成分が浸透し、便を柔らかくして排便を促す効果があり、副作用は少ないが、日本人はほとんど使用していません。

 

 

便秘薬だけでもこれだけの種類があるんですね。
ドラッグストアに並んでいるものは、ほとんどが刺激が強い大腸刺激性下剤です。用法や用量を守って使用しましょう。

 

 

トップページへ便秘のタイプで異なる便秘薬へ