大腸メラノーシスは治る?治療法は?

 

便秘薬を常用していると

大腸メラノーシスという症状が出てしまうのを皆さんはご存知でしょうか?

 

 

腸が黒くなってしまい、腸の機能が著しく低下してしまう為、自力での排便が出来なくなってしまいます。または、出来ない状態です。

 

また、自覚症状がないため、見つけるには内視鏡検査などを使用し腸内を見る必要があります。たまたま、定期検診や人間ドックで見つかる場合もあります。

 

 

なぜ、便秘薬を飲んでいると『大腸メラノーシス』になってしまうのか?

 

原因は、便秘薬に含まれる成分にあります。

 

アロエ
センナ
ダイオウ

 

といった、刺激成分で腸の粘膜がダメージを受けることで黒く変色してしまうのです。
そして怖いのが、

 

ほとんどの便秘薬に含まれていることです。

 

 

 

ですので

 

《メーカーを変えて使用しているから大丈夫》
《毎回一番少ない量で飲んでいるから大丈夫》

 

などと便秘薬を飲み続けていると『大腸メラノーシス』を回避することはとても難しいことです。

 

 

治療法は?

最も大事なのは【便秘薬の使用をすぐに中止する】

 

ことにあります。
便秘薬に含まれる成分によって起こる弊害なので、使用を中止しなければ改善は見込めません。中止することで、大体半年から1年ほど経つとだんだん黒くなってしまった部分が元の色に戻ります。

 

しかし、薬を使用していた期間が長いほど腸の機能を回復させるには時間がかかる為、飲んでいた期間と同じぐらいの年月の治療が必要になってきます。

 

今現在、常用で毎日のように使用している、長年使用しているという方は、一度医師の診察を受け相談してみるのがよいでしょう。

 

 

 

大腸メラノーシスとは?へ便秘薬を長期間使用すると?へ