市販の便秘薬のほとんどが強いタイプ

ドラッグストアで販売されている便秘薬のうち、約70%が「刺激性下剤」です。

 

誰でも簡単に買うことができるので、ただの下剤と思われがちですが、実は強いタイプなの便秘薬でなのです。

 

刺激性下剤は、名前の通り、大腸の粘膜に刺激を与え、ぜん動運動を活発にして排便を促す薬です。

 

この下剤の代表的な成分は、『センナ』
その他、センナ、キダチアロエ、ダイオウなどがあります。
これらの成分は、漢方薬と謳った便秘薬にも使われています。

 

即効性があり、初めて使用したり、薬が効きすぎる場合は、下痢や腹痛を引き起こし、トイレに駆け込む場合もあります。

 

簡単にドラッグストアで購入することでき、さらに安価なこともあって、ついつい買ってしまいますが、即効性がある分、便秘になると使用してしまい薬に頼る事になってしまいます。

 

しかも、何度も使用すると、薬の効き目が悪くなってしまい、より効きを強くするために多めに薬を飲んだり、使用頻度を増やしたりして、腸に悪影響を及ぼします。
腸だけではなく、身体にも負担になってしまうんですね。

 

即効性があり、効果も優れているので、大変便利な薬です。
しかし、長期に渡り飲み続けることで、効き目がなくなったり、自然な排便ができなくなるので注意が必要です。