プルぜニドは強力な「大腸刺激性下剤」

 

便が何日もでず、自力での排便が難しくなったとき、下剤でなんとか出そうと考える方が一般的ではないでしょうか。

 

苦しい便秘を一挙スッキリへと導く下剤。

 

しかし、それは一時しのぎに過ぎませんし、下剤の中には強力でや副作用があるものもあるので注意が必要です。

 

そんな強いタイプに「大腸刺激性下剤」があります。
大腸に直接作用し、刺激によって排便を促すというもので優れた効果を得ることができます。

 

その1つにプルゼニドという下剤があります。

 

薬局で販売されているコーラックやスルーラックなどと同等の効果がありますが、基本的に病院で処方されます。
下剤は他の薬とは違って、薬局と病院のものでは、さほど差はありません。

 

 

プルゼニドとは?

 

使用目的

 

  • 弛緩性便秘(一般的な便秘) ※ストレス性便秘には向かない
  • 検査や手術前の腸の内容物を排泄させる

 

 

主成分

 

センノシド

 

 

作用

 

大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を刺激する

 

 

効果

 

約8〜10時間で効果があらわれる
一般的に就寝前に服用し翌朝排便をもよおす

 

副作用

 

腹痛
嘔吐
褐色尿

 

 

注意点

 

  • 長期連用すると効かなくなる
  • 常習性がある
  • 腸の機能が弱まる
  • 大腸メラノーシスを起こす可能性がある(大腸が黒く色素沈着し、伸びきってしまっている状態をいい、腸自体の機能が低下している)

 

 

医師の指示通り内服しましょう。

 

また、人には本来高い排泄機能が備わっています。
薬だけに頼るのではなく、自己でも努力することが必要です。