ご存知ですか?便秘薬の恐ろしい副作用

便秘で気分も悪いし、お腹の膨満感もあって辛い時、便秘薬に手を伸ばす方は多いはずです。

ドラッグストアでの豊富な種類、簡単に買うことができる、すぐに苦痛から開放される。
ということで、特に女性は一度は購入したことがあるのではないでしょうか?
しかし、

便秘薬と言っても副作用があり、使い方や頻度を守っていないと大変なことに繋がります。

 

このことを知らずに使用して、怖い思いをしたり、後悔している方も多くいます。

 

一般的にご存知の範囲では、

 

  • 下痢になりやすい
  • 腹痛
  • 悪心 冷汗
  • 使用していると徐々に効き目が落ちてくる

 

等ですが、実は

 

排便機能が低下

 

していきます。

 

つまり【自力での便意が起こりにくくなり、下剤なしでは排便できなくなっていく】というような症状に陥ってしまい、常に便秘薬に頼る《下剤依存》に繋がってしまいます。

 

また使用し過ぎると大腸メラノーシスという、腸が黒っぽくなる症状を起こし腸のぜん動運動が著しく低下していきます。

最初は便秘解消の為にと、たまに使用していた便秘薬が“出ないよりはマシ”と、いつのまにか使用頻度が増える状態になってしまうのです。

 

 

そして、便秘薬を選ぶ際、効き目の弱いものから強いものまでさまざまな種類があるので、自分の便秘の状態に合わせて選ぶ必要があります。

きちんと使用したいという方は、これらのことを知っておく必要があります。

 

便秘のタイプで異なる便秘薬へ予期せぬ副作用へ