大腸メラノーシスと便秘薬の関係

一般的に便秘薬を使用する時の注意点といえば、

 

下痢
激しい腹痛
だんだん効き目が悪くなる

 

等が一般的に知られていることです。

 

しかし、下剤を常用と呼ばれるほど、毎回使用していると

 

【大腸メラノーシス】

 

という状態に陥ってしまいます。

 

これは、腸が真っ黒になってしまう症状で、便秘薬に含まれるメラニンによって付いてしまうと言われており、この状態になってしまうと、すでに腸の機能はかなり低下していて自力での排便が難しくなっています。
また、ゴムが伸びきってしまったかのような腸になってしまい、健康的な腸ではなくなってしまいます。

 

 

【大腸メラノーシス】にならない為には、今現在使用している下剤の量を減らすことや、使用頻度を減らす必要があります。

また、治療法は時間がかかる分、根気がいります。

 

腸の中の状態は、内視鏡で確認しない限り、症状が表に出ることが少なく気づくのが遅くなります。

 

若いからとか健康だから大丈夫などとと考えず、食事や運動などで改善し、便秘薬に頼らないようにする必要があります。

 

 

下剤依存性とは?へ大腸メラノーシスの治療法は?へ